育てるように楽しむ器 -竹本ゆき子さん


山梨県上野原にて制作している竹本ゆき子さん。

竹本さんは自然の木や藁の灰を釉薬にして使い、器を制作しています。


私が竹本さんの器と出会ったのはある東京の器店。

素敵な店主さんがいつも丁寧に色々教えてくださり、その日もどれか気に入ったものを1つ買って帰ろうと考えていました。


目に入ってきた竹本さんのピッチャー。

土っぽい感じ、温かみがあってその上注ぎ口がとてもしっかり作られている!と、

一目惚れして家に持ち帰り、その日からピッチャーは大活躍してくれました。

コーヒーや紅茶のサーバーにしたり、小さなカトラリーをまとめて入れたり。

お花を飾ってもしっくりきます。

1つあると何役もしてくれるピッチャーはとてもおすすめです。



▲このピッチャーは“ひび粉引”というシリーズ。

使っていくと色がはっきりしていき、ひびの部分にゆっくりと色が入っていきます。


▲何を盛り付けても温かく受け止めてくれるような竹本さんの器。

こちらの器は私物です。ピッチャーがとても良かったので、買い足しました。



大切に育てるように使い、経年変化が楽しめる竹本さんの器。

やまいちの店頭でご覧いただけます。

オンラインショップにも掲載していますので、ぜひご覧ください。

多くの方へお届けしたいです。