モノトーンの器 -戸塚佳奈さん

北海道小樽にて器を制作している戸塚佳奈さん。


戸塚さんは白と黒の器を作っています。

白い器はまるで雪景色を見ているよう。北海道に暮らす戸塚さんだから表現できるのではないでしょうか。

器を手に持った時しっくりくる質感。作品自体が柔らかな、おおらかな雰囲気を纏っています。


白化粧をスポンジで叩き、何層にも重ねて表情を作っているそうです。それから表面全体をヤスリで磨き、最後に食用の椿油を全体に塗っています。椿油を塗ることで染み込みを防いでくれます。本当に手がかかっていますね・・!


▲こちらはリムボウル。サラダにスープ、パスタ。リムがたっぷりとあって、何をのせても素敵に、美味しそうに見せてくれます。


黒の器はまた白とは違った質感でマットな感じ。

真っ黒ではなく、銅とマンガンで色をつけているそう。

ブロンンズの色味が所々入っていて、とてもかっこいいんです。


▲オーバルプレート やまいちの喫茶でも使用しています。お菓子を載せたり、取り皿にもぴったり。


私は戸塚さんの作るカタチもとても好きです。

料理を盛り付けたくなるような器が多く、こんな料理をのせたら合いそう!といったイメージが湧いてくるんです。


戸塚さんのモノトーンの器、ぜひ店頭でご覧ください。